fbpx

時代と闘った女

ムーランの旧兵舎、今は国立舞台衣装センター(舞台芸術の好きな方にはお勧め)

『ココ・シャネル 時代と闘った女』を観ました。

同時代の写真、映像をつなぎ合わせながら語られる、謎の多いひとりの女の一生。力作でした。

冒頭でまず、有名な孤児院のエピソードが全否定されてびっくり。

シャネルブランドの商品イメージと修道院とをリンクさせた神話を打ち砕いて始まる55分の映像作品です。

「目立つためなら何でもした」というパリ時代のスタート、対独協力者としてパリに居られなかった戦後の10年間、香水事業で盤石な資金源を得てからはモードとの乖離。

容赦なく淡々と語られるエピソードは興味深く、観終わってようやく、何かの象徴でなく血の通った人間像が出来た感じです。

自立を目指して戦ってきたシャネルが旗を降ろす相手、オーナーのヴェルテメール家との確執は、機会があればもう少し知りたい。

なお、シャネル女史は早口なので(笑)字幕が到底足りず、フランス語を聞いて理解できる人は3割増しで楽しめそうでした。

水を飲む

まことに都合よく公演日程変更があって、ザハロワ&レーピンの舞台を見に行くことに。

上演時間一時間半で、休憩なし。こういう時期に丁度よいスモールスケール。

考えてみたら、生演奏の舞台は一昨年末のゲルギエフ以来です。(先日の『羅生門』で笙の演奏はありましたが・・・)

レーピンのヴァイオリンに合わせてライモンダを踊るキラキラしたザハロワを見ながら、あぁこれは必要だとしみじみ感じました。

水を飲んで初めて喉の乾きに気づくことがありますが、そんな感じ。

一時間半のあいだに6演目を踊り切るザハロワが、ただただすごい。もちろん衣装やヘアメイクもその度に完璧にチェンジ。
一流のバレエダンサーだからといってこの方の踊るもの全てが好みという訳ではないのですが、このプログラムでは彼女のダンサーとしての魅力とともに、高いプロ意識に感動させられます。

このシリーズの公演に出かけるのは2016年の初公演以来の2度め。

その時に一番良かったと思った『Revelation』は今回も良く、初回にはなかったビゴンゼッティの『カラヴァッジョ』がまたとても良くて、いつか全部見たいと思いました。

最後のシメ『Les Lutins』も冒頭のレーピンとロブーヒンの掛け合いが時流を取り入れてアップデートされていて、漫才風味で面白かった!

本拠地のボリショイ劇場が夏休み中だからとはいえ、ザハロワと踊る男性ダンサー陣がかなりの豪華メンバー。

この困難の中、公演を実現させてくれた方々すべてに感謝です。

イスラーム王朝とムスリムの世界 展 ジュエリー編

東京国立博物館東洋館で開催中の「イスラーム王朝とムスリムの世界」展へ。

マレーシア・クアラルンプールにあるイスラーム美術館の所蔵品から選りすぐりの、200点ほどが見られます。
幸い会場内は撮影O.K.でしたので、面白かったものから、今日はジュエリーにまつわるものをいくつか。

ムガール朝皇后像、12人のムガール朝の皇后が象牙板に油彩で描かれた細密画。

皆さんの顔の両側に垂れ下がるジュエリーはこのあたりのエリアに独特の「こめかみ飾り」です。おそらく、耳たぶに下げられる程度の宝石では物足りなかったのでしょう。

そういえば日本でも江戸時代、遊女を中心に巨大な結髪が流行ったのは多分、かんざしをたくさん着けるため。

ムガール朝の貴族は、人類史上一番たくさん宝石を身に着けた人々だったのではないかと思います。女性も男性もふんだんに着けていました。

こんな風に。狩りの装いということで、これでも装身具は控えめ。
ふんだんに着けられた白い粒粒はすべて真珠です。

20世紀半ばを境に、「粒ぞろいの真珠」の意味はがらりと変わります。
この頃はまだ、人が海に潜って貝を採集し真珠を探していた時代。大きさの揃った真珠はそれだけの数を集められるという権力の証でした。

そしてこの肖像画では、ヨーロッパ文化の影響を受けて勲章まで加わっています。

何かのしるしというよりも、それまでなかった宝飾アイテムとして即取り入れられたのではと想像します。デザインもヨーロッパ風。

細密画の肖像の、視線の外し方がちょっと面白いです。ここまで横目の肖像画も珍しい。

総ダイヤのコスチュームジュエリーもさらっと展示してありました。

展示会の会期は2022年の2月20日までなので、もう一度くらいは行きたいです。

トップの写真は2013年にクアラルンプールを訪れた際に撮った現地の丸天井。素敵な充実した美術館でした。

暑さが続きます。
うまくやり過ごし(日本らしい表現!)、どうぞよい週末をお過ごしください。

瑠璃色

天王州アイルのPIGMENT TOKYOにて。
この日頂いた顔料はこの中のたった3つでしたが、棚ごと欲しい。

子供の頃いくらでも欲しくなった、小瓶に入ったビーズを思い出します。

このうちだいたい3割ほどは、天然の鉱物を砕いて作られたものだそう。

例えばラピスラズリからは目の覚めるような、瑠璃色が生まれます。

店内にはフィレンツェの画材メーカーZECCHI社のメノウ棒がずらり。

この棒のことを何と呼ぶのか、以前から知りたかったのですが「Brunitoio in Agata」つまり単に「めのう製バニッシャー」でした。

使用用途はこんな感じ。そんな訳で、いつかロシアの画材屋さんにも行ってみたい。

以前、こちらのブログでも紹介しましたが、同じ金を輝かせる目的で日本の蒔絵では鯛の牙を使います。

その日本の道具、刷毛や筆の類もずらり。全て売り物です。

小さな島国に、材質や大きさや拵えなどさまざまな、この何倍もの種類が存在していて、それぞれに「これでなくては」という使い手が存在するという。
細やかな多様性は、既に我々の手の中にある本物の豊かさ。大切にしたいと思います。

さて、東京は梅雨が明けました。よい週末をお過ごしください。

*お知らせ* アテナリのオンラインショップラピスラズリが揺れる星のピアスが再入荷しました。

黄色いシャネル本

多分初めて、自分で買って読むユリイカ。

黄色い表紙の7月号はガブリエル(ココ)・シャネルの没後50周年を記念したシャネル特集です。

さまざまな専門分野をもつ方々が「シャネル」を分析した、たっぷり27篇が収まっています。

まさに事象はそれについて語る人の数だけ存在するという感じ。

特に目新しく面白く感じたのが、ロシア香水産業とN°5の関係、黒を着る意味の考察、フランスの修道院生活、そしてヴァレリー・スティールによるジェンダーと時代背景を絡めた「シャネルとそのライバルたち」です。
そして、ブランドとしてのシャネルはブランド再生ビジネスの金字塔なので、カールラガーフェルドについて書かれたものも面白かった。

ファッションに興味のある方にはお勧めの一冊。
もうすぐドキュメンタリー映画も公開になりますのでそちらも楽しみです。

東京は久しぶりに雨が上がり、気温が上がりました。
どうぞよい週末をお過ごしください。

*お知らせ* アテナリのオンラインショップでは只今、全品送料無料でお届けしています