fbpx

イスラーム王朝とムスリムの世界 展 ジュエリー編

東京国立博物館東洋館で開催中の「イスラーム王朝とムスリムの世界」展へ。

マレーシア・クアラルンプールにあるイスラーム美術館の所蔵品から選りすぐりの、200点ほどが見られます。
幸い会場内は撮影O.K.でしたので、面白かったものから、今日はジュエリーにまつわるものをいくつか。

ムガール朝皇后像、12人のムガール朝の皇后が象牙板に油彩で描かれた細密画。

皆さんの顔の両側に垂れ下がるジュエリーはこのあたりのエリアに独特の「こめかみ飾り」です。おそらく、耳たぶに下げられる程度の宝石では物足りなかったのでしょう。

そういえば日本でも江戸時代、遊女を中心に巨大な結髪が流行ったのは多分、かんざしをたくさん着けるため。

ムガール朝の貴族は、人類史上一番たくさん宝石を身に着けた人々だったのではないかと思います。女性も男性もふんだんに着けていました。

こんな風に。狩りの装いということで、これでも装身具は控えめ。
ふんだんに着けられた白い粒粒はすべて真珠です。

20世紀半ばを境に、「粒ぞろいの真珠」の意味はがらりと変わります。
この頃はまだ、人が海に潜って貝を採集し真珠を探していた時代。大きさの揃った真珠はそれだけの数を集められるという権力の証でした。

そしてこの肖像画では、ヨーロッパ文化の影響を受けて勲章まで加わっています。

何かのしるしというよりも、それまでなかった宝飾アイテムとして即取り入れられたのではと想像します。デザインもヨーロッパ風。

細密画の肖像の、視線の外し方がちょっと面白いです。ここまで横目の肖像画も珍しい。

総ダイヤのコスチュームジュエリーもさらっと展示してありました。

展示会の会期は2022年の2月20日までなので、もう一度くらいは行きたいです。

トップの写真は2013年にクアラルンプールを訪れた際に撮った現地の丸天井。素敵な充実した美術館でした。

暑さが続きます。
うまくやり過ごし(日本らしい表現!)、どうぞよい週末をお過ごしください。

ヴィーナスのリング

金星のツインリング。

星のシャープなラインを実現するため、パールに彫りを入れて純金を埋め込んであります。

肌なじみのよい明るいゴールデンパールに対峙するのは、オニキスとルチルクォーツのダブレット。

手元で見飽きない、ちょっと贅沢な大人のコスチュームジュエリーです。

息抜きのひととき、香水や指輪を変えてみるのは気分転換になってお勧めです。

気分転換といえば、週末に観た『トムとジェリー』は面白かった!

縁あってイタリア語バージョンだったのですが字幕もついていましたし、基本主役にセリフはないので没問題 。

ジェリーのミニチュアのお部屋が可愛くて、シャンパンのワイヤーがテーブルや椅子になっています。

あと、怒られると解っているときのトムの顔が最高。誰しも心当たりのある表情、思い出しても笑えます。

アニメーションを創り出す人はすごいなぁ。

暑くなって泡率高し。しばらくは小さなテーブルに見えそう。

ではよい一週間をお過ごしください。

*お知らせ* アテナリのオンラインショップでは只今、全品送料無料でお届けしています

雨雲のピアス

彼方から迫ってくる黒い雨雲でも、みっしりとシルキーな入道雲でも、雲を眺める時間は大好きです。バッグに傘が入っていれば、なおのこと!

少しオリエンタルな雰囲気のある、雲のピアスに新作が加わりました。通年で使いやすいモティーフです。オンラインショップ未掲載のため、詳細はこちらからお問い合わせください。

たっぷり盛り上げた銀の蒔絵の、立体感を強調するようにグラデーションカラーで仕上げました。

触り心地も気持ちの良い、ジュエリーです。

*お知らせ* アテナリのオンラインショップでは只今、全品送料無料でお届けしています

夏のコモノ展 ありがとうございました

2106_17.jpg

週末は銀座もとじさんの夏のコモノ展に在廊しました。
いつもながら、素敵なお客様、細やかなスタッフの方々、美しいものに囲まれて楽しい2日間でした。

お立ち寄りくださった方、オンラインでお買い物くださった方へ厚く御礼申し上げます。
承ったオーダー品はこれから心を込めて製作いたしますので、楽しみにお待ち下さい。

夏のコモノ展は、月末まで開催中です。

全て一点物としてデザイン製作されたアテナリの和装用アクセサリー。
店頭でお手にとってご覧頂けるほか、銀座もとじさんのオンラインショップにもアップされています。 
どうぞご覧ください。

2106_14.jpg

ようやく梅雨の気配。外で見かける紫陽花も萎れ気味でしたので、ほっとします。
良い一週間をお過ごしください。

ジャポニスム

2106_10.jpg

黒地に金、むかし海を渡った蒔絵へのオマージュを込めたリング。
JAPONISME<ジャポニスム>、と名付けました。

ピアスやネックレスは着ける人の印象を左右しますが、リングは着ける人自身が触れて見て楽しめる、インティメイトなもの。
そんな訳で、着ける着けないの選択も含めて人を語る雄弁なアイテムです。

今週末の12日・13日は、#銀座もとじ さんにて夏のコモノ展にアテンドします。
この2日間は、和洋ハイブリッドなピアスとリングもご覧いただけます。
ぜひお立ち寄りください。

〈銀座もとじ 夏のコモノ展〉
2021年6月1日~30日 
アテナリデザイナー在廊:6月12日(土)・13日(日)