fbpx

ブランクーシの鳥

お髭と着古したセーターの組み合わせ、大好き。

ようやく行けた、ブランクーシ展。ジャコメッティと並んで好きな彫刻家です。

この日、いいなと思ったものはなぜか鳥たちでした。

「小鳥Ⅰ」

大好きなこのシリーズ、今回はブランクーシ自身が撮った写真だけでした。

この単純な造形に対し、自分が小鳥の愛らしさを感じる仕組みはまったくの謎です。

「鳥」

ブランクーシ・エステート所蔵のタブロー。

白い部分の質感や白と青の境界が、どう処理されたものが分からずしばらく眺めていましたが、説明をよく見ると油彩でなくフレスコでした。

この鳥がどちらへ向かって飛んでいるか、人によって見方が違いそうなのが面白い。私には”飛んでゆく”鳥に見えますがあなたは如何?

「マイアストラ」

Maiastraはルーマニアではふたつの意味をもつそう。

ひとつは伝説上の、光をまとって魔術を使う鳥の女王。めったに聴けない、その鳴き声を聴いたひとは瞬時に若返るとか。(迷惑な魔法…)

もうひとつは特別なアート感覚を持つ芸の達人を指し、これは同じラテン語ルーツのイタリア語「マエストロ」にあたるのでしょう。

この作品のタイトルではもちろん、フォークロアの鳥を指しています。

ブランクーシが取り組んだ素材は多彩ですが、特に石から何かを彫り出す仕事には何か他にない特別なものを感じます。完成までに必要なフィジカルな労力と不可逆性、仕上がった作品の力強く静かで威圧しない存在感。

会場で上映されている映像では、自ら石に挑む姿が見られます。

トップの写真とこのアトリエの写真は、20歳のころから気になっていたのに一昨年やっと訪れることができた、 Atelier Brancusi で撮ったもの。

隣接するポンピドゥー・センターと同じくレンツォ・ピアノが再現したこのアトリエは天井がたかく自然光がたっぷり入り、気持ちがよくてずっと居たくなる空間でした。

プロの使う道具類の、ずらり並んだ景色は壮観です。

IJK2024ありがとうございました

2度めの神戸国際宝飾展が無事終了しました。

風通しのよい、いつも大好きな神戸。

初日がおわり外へ出ると夕立でしたがその後の空には、生まれて初めてみる完璧な半円弧の虹。疲れも吹き飛ぶ瞬間です。

充実した3日間、昨年お求めくださったお客様と一年ぶりの再会も嬉しかったです。

初対面の方の「インスタ見てます」を多国語で聞ける貴重な機会。
お立ち寄りくださった皆さまに心より御礼申し上げます。

謝謝你 下次见 !
Thank you and see you next year!

パピヨンのシンプルピアス

子供時代に描く蝶のような、目まぐるしい蝶の軌跡のような。

純金と漆を使って伝統的な蒔絵技法で描かれた、きらきらしたラインがシンプルシックなPAPILLONのピアスです。

パールは真っ白な白蝶真珠。デイリーに使いやすく、ほど良く存在感もある11ミリ強サイズで作りました。

「シンプルで、他にないもの」という難しいテーマで解を求めている方に、お勧めです。

★5月16日(木)~18日(土) 神戸国際宝飾展IJK2024 / exhibition for buyers <B6-50>★

シンプリシティ

製作中から仕上がりが楽しみだったピアス。ようやく完成です。

ふつうは縦に使うであろうパールを横向きにデザインしてみたら、とてもチャーミングになりました。耳たぶのすぐ下でコンパクトにおさまるのに、存在感のあるジュエリーです。

てりのよい、どこから見ても美しい淡水真珠のケシを使っています。

ユニークな形であればあるほどペア組みは大変なので、既に仲良くふたつ一組になったこういうのは、迷いなくいただくことにしています。

蒔絵部分は純金と純銀と漆、アクセントに小さなダイヤモンド。シンプルです。

シンプルな素材から無限の表現ができるのは、平安期以降1000年以上、日本のたくさんのアルチザンが自分のものにしてきた技術によるもの。そして何より、彼らと同じ時代を生きた愛好家の存在とアルチザン自身のメタモルフォーゼなくして技術の継承はありません。

条件整って、このユニークな技法が現代の日本に生きていることが、素晴らしい。だから素直に楽しみます。

さて今日の東京はからりと良いお天気。

皆さま素敵な週末をお過ごしください。

★5月16日(木)~18日(土) 神戸国際宝飾展IJK2024 / exhibition for buyers <B6-50>★

西の端へ エディンバラ編

エディンバラは着いた瞬間から大好きになった街。

旧い建造物が高低差のある土地に建ち、チャーミングな細い路地がたくさんあり、いくらでも散歩が楽しめる仕組み。街中のどこからもみえるエディンバラ城へも、行き方が無数にあるようです。

突然の日差しに突然の雨風。天気予報は毎日同じで「曇り時々晴れ、ところによりにわか雨」。

現地の人は雨の中、傘もささず「なんという天気だ!」とにこにこしています。撥水性のコートはこの気候が生んだマストハブアイテムだと納得。

エディンバラ城で面白かったのが国立戦争博物館。なんとなく足が向かずパスして帰ろうかと思った矢先に降り出した雨を、やりすごすために立ち寄りましたが、意外にも楽しめました。

コスチュームや装備品が興味深いものばかりで飽きません。世界のミリタリー関連だけで服飾博物館を作ったら絶対面白いな、と思いました。もうどこかにあるのかしら。

たとえば勇猛さで鳴らしたというスコットランド北部ハイランダーの、独特なコスチューム、というか装身具。

バレエ観る方ならシルフィードのジェームズでお馴染みの、あれです。舞台用のコスチュームとして目立つように作っているのかと思っていましたが、サイズ感はこの通り。どう見ても邪魔っぽいです。

これはクリミア戦争を題材にした、フランス人による版画。ハイランダーズは主要な戦場には赴かなかったらしいのですが、独特の装いがイギリスの参戦を頼もしく象徴する図、ということでした。

しかし、やっぱり邪魔っぽいです。

スコットランド国立博物館も面白く、空間が広々として、ベビーカーを押してやってくる家族連れもたくさん。

めちゃくちゃ格好良い鎖のチョーカーはヴァイキング時代のもの。

類似のものが無数にありました。

何キロにもなる無垢の銀地金は、ローマ時代の銀をリサイクルして作られたものだそう。

そのローマ時代にもすでに、大量の銀貨をつくるため銀のリサイクルが大規模に行われていたようです。

さてここは、イラン出身の兄妹が営むパティスリー。気に入って、滞在中は毎日通いました。

故郷に長く伝わるというお菓子は儚くて美味、”洗練された”という形容しか見つかりません。薔薇の花がたっぷり入って香りの良い紅茶と、やはり名産のサフランが香るシュガースティック。店主は多く語りませんが、もてなされたという温かい気持ちになります。

宝物のような、また必ず行きたい場所です。